iPhoneの特徴と歴史

バナー

iPhoneの特徴と歴史

iPhoneは2007年の1月にオリジナルモデルが発売されました。


iPhoneは「マルチタッチタッチスクリーン液晶」「ヘッドセットコントロール」「近接周囲光センサー」、「3軸加速度計」「ジャイロスコープ」「デジタルコンパス」などを搭載した画期的な新型携帯電話として登場しました。

これまでの携帯電話との大きな違いは、画面全体がタッチスクリーンになっていることです。

それによってスクリーン上での様々なアプリケーションが、簡単に動作するようになりました。直感的な操作方法と無限に近いアプリケーションの展開が、世界中の人々を魅了したのです。
瞬く間に大ヒットとなったiPhoneは、以降も次々とバージョンアップを重ねながら進化していきました。

iPhoneのコンセプトはデジタルオーディオプレイヤーと携帯電話、インターネットや電子メールの送受信が行える携帯情報端末の3つの機能が凝縮されていることです。特にマルチタッチと呼ばれる複数の指を同時に操作する方法は、拡大や縮小などの豊富な操作が簡単にできるようになったことが話題を呼び、それ以降のデジタル機器にはタッチスクリーン機能が標準装備されることが多くなりました。

2011年に発表されたiPhone4Sからは音声で応答や処理を行う、Siriと命名された自然言語処理システムが搭載されました。


その後も指紋認証センサーの搭載や、サイズの変更などを繰り返しながら進化を続けています。


すごく便利なiPhone6sの予約関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。